キャンプ指導者講習会

2月23(金)24(土)25(日)の2泊3日、
山梨県は北杜市白州町にて当会主催の「キャンプ指導者講習会」を開催しました。

参加者は静岡、栃木、神奈川、埼玉、東京、山梨から、
大学生3名と一般7名の計10名。

1日目は「キャンプの特性」などのテーマとした理論と交流を兼ねた夕食プログラム。
2日目は朝ヨガから始まり、川村会長によるキャンプの話、そして、お米を炊く、ロープワークの実技と安全についての理論。キャンプゲームの体験。
3日目は「キャンプの対象」などの理論と、全体のまとめを行いました。

3日目は降雪予報により、全体終了時間を切り上げましたが、「古民家(会場)で過ごすことの生活自体が楽しい、学びになる」との声が多くあり、最終の試験は全員無事に合格し、有意義な時間を過ごせてもらえました。



アンケート(一部抜粋)
・キャンプゲームでの達成感は思った以上に大事なんだと思った。
・ヨガ、ロープワーク、薪割りや飯盒でご飯を炊くのが初めてでとても楽しかった。
・みんなと何かをやりとげる達成感は新鮮だった。
・無理なく参加できた。
・テキストを読むだけという時間がなくて素晴らしい。
・ドラム缶風呂に入りたかった。
















コメント

このブログの人気の投稿

親子キャンプ開催決定!

2017年度山梨県キャンプ協会総会開催のお知らせ

キャンプインストラクター(2018/2/23-25)申込受付中!